2019年12月30日の段、「エンジニアの逃げ根性」

客先のLANで、NASを使っている。
NASへの接続パスワードを記憶させたいのだが、それがどうもできない。
むろん「資格情報を記憶する」にはチェックが入っている。
それどころか、Windows10を最新化したらNASへのアクセスすらできなくなってしまった。

どうやら、NASがSMBv1で稼働していることに問題があるようである。

最新のWindows10はデフォルトではSMBv1をサポートしていない。
「Windowsの機能の有効化または無効化」から
「SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」
を有効化することで、ようやくSMBv1でのNASへのアクセスが可能になる。
ただ、これでもやはり資格情報の記憶はできない。

最終的に、NAS側の稼働プロトコルをSMBv2にすることで、ようやく資格情報の記憶にこぎつけることができた。

クライアント側で古いプロトコルを有効化するというアプローチは、やはり間違いであろう。
業務を生かすために古きを愛するという安いポリシーは、あるべき論としては捨てる方針でないといけない。
こういう、エンジニアの「逃げ根性」が通用しない傾向はより濃く、世の中に表れてきていると感じる。

2019年12月29日の段、「元アイドルという表現が適切であるかもしれない」

年末ということもあり、相当にバタついたものの、ようやくもろもろ片付いた。
普段呑まない酒類も口にした。

その勢いで、10年前に名古屋から帰ってきて以来、一切連絡を取っていない人物に連絡を取ってみようと思い立った。
相手は「元アイドル」という表現が適切であるかもしれない。
歌って踊るわけではないのだけども、一般人よりはいくらか非日常の醸成に携わり、多くの人に慕われた人物である。

少し深呼吸して発信を開始して、こちらの主観で呼出音が5回~6回というところか。
たまらなくなって切断した。
普通に考えて、つながるわけがない。
胸を張って良好な関係とは言い難い相手であるし、10年という年月の間に電話番号が変わっているほうが自然であろう。
一応、登録してあったメールアドレス宛に、最低限のメッセージを発信しておいた。

「なんとなく話したくなって一瞬電話しましたー」

翌朝、なんと返事が返ってきた。

「そうだったのかーーー!!」

まるで、時空を超えてメッセージが届いたような錯覚にすら陥った。
いまどき、電子メールで対話をする人間も珍しかろうに。
2通3通とやり取りをし、ゆるくやさしい時を過ごすことができた。

ここで願わくば、改めて連絡方法を確立しておこう、とならなかったところを見ると、先方にその気はないのだろう。
次に連絡するときは、今度こそいかなるプロトコルも到達しないかもしれない。
どうか、元気で。

2019年10月29日の段、「うにゃうにゃ言う妹を描いたあの人」

Twitterを使っていると、可愛い絵を描く新進気鋭の作家さんの勢いが目まぐるしい。
あまりの勢いに、もともと好きだった作家さんのことを忘れてしまいそうになる。

そんな、もともと好きだった作家さんの一人、庄名泉石 さんのことを、ふと思い出す機会があった。
むかし好きだったPCゲーム「Wind -a breath of heart-」の原画さんの一人である。
検索すると、いまもPCゲームの絵を描いておられることが分かって嬉しくなった。
Wikipediaを参照すると、一般誌で連載も持たれたとか。

こういう古い人、古い人たちが自分を形作っているはずである。
忘れてはならない。

2019年10月28日の段、「どどめ色りふれくしょん」

某所で話題になったらしい、
「どどめ色りふれくしょん」
の歌詞をアーカイブから引っ張ってきました。

どどめ色りふれくしょん

どうぞご覧ください。
(黒歴史やなぁ…)

2019年09月25日の段、「むろん、たにぐちは該当しない」

フィギュアスケートの「THE ICE」のTHEが「ジ」と発音しない点について、英語の先生に聞いてみた。
さすがの先生も初耳ということで、ちょっと調べてみるということになった。

翌朝、先生はさっそく分かったと声をかけてくれた。
強調を目的した場合であれば、「ザ」を発音してもよい、という文法的背景があるらしい。

おそらく、日本人が口語的に使う
「誰それさんって、いかにもザ・偉人って感じっすよねー」
みたいな用法に当たるのだろう。

あぁ、学びの会話って楽しい。

他人の不幸を栄養にして生きている連中は、
「人は学歴ではない、人柄だ」
などと揶揄する。
しかし連中は分かっていない。
それは学を積んで、積んで、積んでもなお上手くいかない本人が発することを許されたセリフである。
むろん、たにぐちは上記人物には該当しない。

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数